2006年07月16日

生後10日、Sleeping Baby。

今日は、はるぴんの出産エピソード。チョットナガイヨ

帝王切開で産まれて来る子たちは、Sleeping Baby
呼ばれるそうです。
お母さんのお腹の中から、文字通り眠ったまま出てくるから・・・
その為に、産まれた子を目覚めさせなければなりません!
蘇生ってやつです。

以前かいママさんから、『帝王切開だったら病院で蘇生して
くれるから安心だね』って言われて
すっかり安心してましたが・・
今回のような朝方の出産に看護士さんがいるわけもなく
産まれた子の蘇生は、ぎんさく&オットで行いました。

手術室から第一子が!!!
先生が赤ちゃんを振って羊水を出してくれました。
あとは、全身をマッサージです。これならぎんさくでもできる♪
お腹から出てきた子の体温は想像より低く、あまり温かいと
感じませんでした。結構強めにゴシゴシ〜
5分くらい遅れて第二子!!!
第二子は、ぎんさくがゴシゴシ〜鼻からまだ泡がでてます。

20分位マッサージしていると、第一子が泣き声をあげました。
目覚めたのです。
それからは元気よく動いて、みぃ〜みぃ〜泣いてます。

ところが第二子はいつまでたっても声が出ません・・・
時々アクビのように口を開けるのですがダメ
もう30分以上マッサージしています。なんかドキドキしてきた

はるちゃんの手術が終わった先生が、まだ羊水が残ってるか?
再度赤ちゃんを振ったり口にくわえて吸ったり、それでも声はでません。
先生が慌しく動いている間も、ぎんさくはマッサージを続けました。
どうなっちゃうんだろう・・・
先生がお湯で赤ちゃんを温めはじめて少しすると
みぃ〜〜やっと声が出ました。
どうなることかとドキドキしたけどほっとしました。
先生ありがとうございました。
この声で、やっと産まれたと実感することができました。

頭が大きくジャンボベビーだったわりには
あばら骨がみえるほどのガリガリベビーちゃん・・・
やっぱりそれは、はるちゃんの食が細かったせいだって。

本日のSleeping Baby
2006_0716はる0296-1.JPG

2006_0716はる0295-1.JPG

2006_0716はる0298-1.JPG2006_0716はる0297-1.JPG

かわいい本日のチビモグたちの体重はかわいい
チビモグ1号 226g(+22g)
チビモグ2号 250g(+26g)

ニックネーム ぎんさく at 18:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 出産&育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
大変だったのと同時に貴重な体験をされたんですね〜。
命ってすごいな〜って思っちゃいます。
ほんとに改めてはるちゃん、お疲れ様でした。
そしてぎんさくさんもお疲れ様でした。
これからはるちゃんに負けないくらいいっぱいご飯を食べて
はるちゃんとぎんさくさんファミリーを安心させてあげるのが
赤ちゃんに課せられた使命なのかもしれませんね・・。
ビデオなんて撮ってる間なんてないですね〜(笑)
Posted by えこりん♪ at 2006年07月16日 18:46
貴重な体験ですね。っていうか私ならパニくっちゃうかも((+_+))
ぎんさくさんすごいです!!

生命の神秘って奴ですよね。すごいな〜〜もう感動しまくりです!!
Posted by シャープ# at 2006年07月16日 22:59
そうなんだぁ。
帝王切開の場合は眠ったまま生まれてくるんだ。
声が出るまで、ドキドキでしたね!
今回のはるちゃんの出産は、
ぎんさくさん家族みんなで乗り越えたんですね(*^▽^*)感動〜☆
チビモグちゃん達は、みんなに愛されて生まれてきたんだね^^
Posted by ちぃこ at 2006年07月16日 23:52
こんばんは〜またまた来ちゃいました・・・ど〜しても赤ちゃん見たくなっちゃって・・・すいませんヾ(▽^;)ゞ
はるちゃんとともにぎんさくさん&パパさんがんばったんですねぇ。
感動しました♪
チビモグちゃんの成長がとってもたのしみですo(*^▽^*)o
Posted by mami at 2006年07月17日 00:10
◆えこりん♪さま◆
出産が病院任せになると、高をくくっていたので〜
かなり焦りました・・
ビデオも写真も撮ってる暇無しでしたヨ。
でも、貴重な体験だったし感動も大きいものでした。
今ではちょっと大きくなるのが早すぎ???って思うほど
日々成長してます。


◆シャープ♯さま◆
不思議とパニックになるようなことはありませんでした。
看護士さんがいないから、手術台に乗せるのを手伝ったり
手術の準備を見ているうちに、気持ちの準備が出来て
いったのかもしれません(^◇^;
こんな拙い文章で感動していただけるなんて・・・
私の方が嬉しいですよ。


◆ちぃこさま◆
本当に、声が出るまではちょっぴりドキドキしちゃった。
だってね、先生がはるちゃんの手術しながら
何度も何度も『泣きました〜?』って聞くんだよ
その度に、『動いてるけど泣きませ〜ん』って答えて・・
だんだんコレってヤバイのか〜って思ってヽ(;´Д`)ノ
今では泣かなかった2号の方が元気がいいけどね(笑)


◆mamiさま◆
またまたと言わず、毎日見てって下さい!
mamiさん半年前を思い出すんじゃないですか?
病院での出産でもこんなに大変だったのに・・
自宅で自然〜なんて考えたらもうとっても怖くなりましたよ^_^;
みぃなちゃんは自力だったんでしたっけ?
Posted by お返事 at 2006年07月17日 17:38
テレビなどの動物病院ドキュメント番組なんかで、よく羊水を出すシーン・ベビィが泣き出すまでのシーンが放送されたりしますよね。
ぎんさくさん・旦那様はそれを経験されたんですね。
泣くまでドキドキ不安でブラウン管ごしでも見ていて涙が出る想いなのに、それを間近で経験したなんて命の凄さを感じたんでしょぅ〜ねぇ〜(*´∀`*)
2人ともスクスクと成長してくれて、ストーカーしちゃうぎんさくさんの気持ちがよぉ〜く分かりますョ〜ヾ(^▽^*)♪
Posted by いなだ at 2006年07月17日 19:33
こんばんは〜
はーちゃん、ぎんさくさん、パパさん、
あらためてお疲れ様でした。
やはり鳴かないといけないんですね。
私も生まれた時、へその緒が首に巻き付いていて泣かなかったそうです。
先生がお尻を叩いて泣かせたそうです。
赤ちゃん達も大分しっかりしてきてますね。
これからも成長が楽しみです。
Posted by めいぽんパパ at 2006年07月17日 19:39
とっても貴重な体験されたんですね♪♪
うらやましいです。。
無事に2ワンとも育っていて
良かったですね♪♪
Posted by チココ at 2006年07月17日 23:31
生を受けるって大変なんですね。
100gの小さな体で2匹ともよくがんばったね。
ぎんさくさんとパパさん改めてお疲れ様でした。
2ワンとも元気に大きくなってね!
Posted by son at 2006年07月17日 23:36
◆いなださま◆
テレビで見るようなあんな緊迫感のある出産では
なかったんですけどね・・
『泣くまでマッサージしてね』って先生が言ったので
ふ〜ん泣くまでねぇなんて軽く考えてたら
全然泣かないじゃないですかヽ(*゜O゜)ノ
だんだん焦ってきたのが本当の所ですよ(^◇^;
貴重な体験が出来たのは確かです!!


◆めいぽんパパさま◆
赤ちゃんを見て、動いてる〜かわいい〜
と喜んでたぎんさくでした(_ _;)。。。
途中で泣かないとダメだと知り!!
かなり焦りましたヨ。
泣かない子は大きく育つのかしら(;>ω<)/
パパさん大きいですものねっ(笑)
2号が泣かなかった子です(・∀・)!


◆チココさま◆
そうですね〜なかなか体験することじゃないですよね。
病院の診察時間に帝王切開していたら、マッサージしたか
わからないですものね(^v^)
ドキドキさせられた分、かわいさも倍増です。


◆sonさま◆
はるちゃんも、赤ちゃんもみんな小さな体で頑張ったと
改めて感じましたよ!
これからは、私に出来る事を精一杯してあげようと
思いました(・∀・)!
もっぱら今出来る事は、ストーカーだけですけど〜(笑)
だって・・はるちゃんが全部お世話しちゃうんですものヽ(´ー`)丿
Posted by お返事 at 2006年07月18日 18:50
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/376418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック